そろランドで設けている【自由時間】での嬉しい効果。

こんにちは!

今日は20℃近くの暖かいお天気ですね!

本日も9時から元気にそろランドスタートしました^^!

そろランドの日は【通常授業】+【自由時間】として、
通常の授業にはない、
ゲームや抽選会などのお楽しみ時間も作ることで、
みんなに楽しんでもらおうと企画しているのですが、

そんな自由時間では
単に遊ぶということだけではなく、

・私が子ども達の話を思う存分聞くことができたり、
(昨日は〇〇にいった、▲▲を食べた!こんなことが好き!など、
ゆっくり・たくさん伝えたい生徒の話を時間を気にせず聞くことができます^^)

・いつもは時間帯が異なり、授業では会うことがない生徒たちが、
仲良く騒いだりしている様子を見れる貴重な時間でもあります。

私が特に貴重だと感じているのが、
子どもたちが年齢・性別問わず、接することができる環境です。

学年問わず、遊ぶことで学校とは違った刺激を受け、
・年下の生徒に対して、思いやりを持って接したり、
・年上の生徒に対して、憧れや尊敬を抱いたりします。

この内面の成長がとっても重要!

今日も私が他の生徒を指導している最中に、
休憩時間の4年生が年長さんのステップを見てくれていたり、

遊びの時間で行う【はしそろピック】では、
10個の珠で時間を競って遊んでいるのですが、
「年長さんや年中さんは5個でいいよ!」とハンデを与えてくれたり。
(結果、年長さんが1位でお菓子ゲット(笑)!)

カルタでも、
「ここの方が取りやすいよ~!」なんて言ってくれるお兄さんも^^

そろばん力・計算力の向上はもちろんですが、
こうした心の成長、人間的な成長もまた大事にしたいと思っています。

お互いを尊重できる子に。
切磋琢磨できる環境・関係を作る。

そうしたこともまた大事なことだと思っています。

nakazawa

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です