生徒だけではなく、教える側も…

先日、全国珠算連盟が主催する教師資格を取得するため、久々に段位の検定を受けました。

そろばんを経験したことがある方なら分かるかと思いますが、そろばんは継続的に練習していないと、手の動きが鈍くなり、頭でイメージするスピードに指が追いつかず、指が跳ねるような感覚になります。

珠の音も何だかガチャガチャっとするんです(笑)

10年以上ぶりの試験。
本格的な練習。

四苦八苦しながら練習、試験に挑みましたが、無意識でも弾く場所、やり方といった感覚は覚えているから不思議です。

また試験の時の、程よい緊張感と終わったあとの解放感。
大人になってからもそれは変わらないなぁと思いました(笑)

いしど式では、先生も常に学び続けることを重要視しており、講習や学習の場を多く設定しています。

先生自らも成長していくこと。
挑戦し続けること。

さぁて。

私も今回取得した4段からレベルアップできるよう、頑張りますね(笑)!

nakazawa

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です