卒業生が学校で書いてくれていた嬉しい文章。

こんにちは!

ここ数日、
雨の日が続いていましたが、
今日は東京では、
1週間ぶりの晴れ間のようですね^^

こうした日に
洗濯やお掃除、息子のお散歩など、
出来ることはしておきたいなぁと思います!

さてさて。

今日は、嬉しい内容を
親御さまから教えて頂いたので、
許可をいただいて、掲載させていただきます。

先月のことですが、
約2年強、教室に通い、
しっかり(しかも難しい!)目標を達成し、
卒業した生徒がいます。

卒業の際には、
生徒と親御さまから
心温まるお手紙を頂戴しました。

お手紙自体も本当に嬉しく、
私の方こそ一緒にたくさんの思い出ができ、
感謝の気持ちでいっぱいなのですが、
その中に、お母さまが
1枚の紙を同封してくださっていました。

それは、生徒が小学校での夏休みの
作文コンテストに書いてくれたものになります。

テーマは、【身近なはたらく人へ、ありがとう】というものです。

ありがとうを言いたい相手に、
“そろばんの先生”を選んでくれて、
その理由を以下のように書いてくれていました。

<その人は、どんな人?>

しっかりした先生。

やさしいけど、ダメなことをしたら、
まず初めに、やさしくおこり、
なおしてくれなかったら、つよくいう人。

みんなに平等にする人。

まちがえた問題でどこがまちがえているか
ていねいにみて、ていねいに教えてくれる先生。


<ありがとうを言いたいエピソード(出来事、思い出)>

そろばんを二年生からはじめ、
間違えた問題があれば
「大じょうぶ、必ずできるから」と言ってくれ、
勇気づけられました。

そして、にしゅ連(2つの連盟)の一級のテストで受かりました。
受かった理由は、一こずつていねいに教えてもらったからです。
(まちがえたもんだい、わからないもんだい、新しいもんだいなど)

このことをありがとうと言いたいです。

涙が出そうになる内容でした。

というもの、
内容自体、とても嬉しいものなのですが、
私が指導者として大事にしている、
「生徒に対する平等な視点」、
「一緒に取り組む、助走を大事する点」などを、
生徒がしっかり感じ取ってくれていたことが分かったからです。

ちゃんと生徒にも伝わっていたんだなぁと、
込み上げてくるものがありました。


また今回、日本珠算連盟と全国珠算連盟の
2つの連盟の珠算1級に合格した生徒。

自宅でも教室でも、
日々よく練習に取り組んでいましたし、
この結果は、自分の努力・実力といってもいいものです。

そこを自分が頑張ったから、
実力があるから(受かった)と言わず、
周りのお陰と言える人間力もすばらしいなぁと感じました。

私はそろばんの技術力だけでなく、
その生徒の人間的魅力・内面的成長も
一緒に育てていきたいと思っています。


生徒に大事にしている部分が伝わっていたり、
生徒の成長の一助になっていると感じられた時。

まさにこの仕事をやっていて
良かったと感じる一番の瞬間です!

素敵な作文をどうもありがとう☆

nakazawa

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です