どんな基礎力も、頻度と家庭の協力がポイント。

こんにちは!

12月も気づけば、
上旬が終ろうとしていますね。

息子も早いもので、
産まれてから4ヶ月が過ぎ、
まとまって寝てくれることが増えました^^

目が合うと、笑顔が多い息子は、
予防接種の前も、
先生や看護師さんにニコニコ笑

最近も先生に
「こんなに笑ってくれていると、
注射が打ちづらいわね~笑」
なんて言われながら、
注射を3本うたれていた息子です(笑)
(もちろん注射後は、泣いていました(笑))

さてさて、
最近のことですが、
子どもの英語学習に関わる先生と
お話する機会があったのですが、

どんな習い事においても、
基礎力となるようなもの…
計算力であれ、
英語力(国語力)であれ…は、
実力をつけるポイントが、
共通しているなぁと感じたので、
その内容を書きたいと思います。


今回お話をした方は、
幼稚園の運営を行う、
英語教室の教室長の方なのですが、

「週1と週2で2倍、
週2と週3なら1.5倍といった
単純なものではなく、
週3以上になると、
明らかに英語の吸収力が
高くなる感覚があります。

と話していました。

(英語力をつける上でよく言われる、
2000時間の確保にも関係するのだと思います。)

また向上する生徒の共通点は、
「家庭での取り組み・親の関わりが多い」
とも仰っていました。

「例えば、家庭での会話を全部英語でする、
となると、ハードルが高いかと思いますが、
そうした難しいことではなく、
家で見るYoutubeは、全て英語にするとか
単語を一緒に学習するなど、
お子さんに合わせて、
働きかけを行ってくださる
ご家庭の生徒は明らかに成長が早い

と話していました。

以前、体操教室の先生も
同様のことを話していたことを思い出しました。

例えば、逆上がりにしても、
教室の週1回/1時間の練習だと、
練習できる回数はどうしても限られてしまう。
(10~15人いたら、レッスンでは
待っている時間の方が長い時も出てくる。)

そうした時に
公園や自宅での練習を上手に加えることで、
教室で学んだことの復習となり、
反復練習による成長も見込めるのだと。

そしてポイントは、
子どもに単に
「はい、やりなさい」と言うだけではなく、
子どもが楽しめるよう工夫を加えたり、
親も一緒に参加したりすること。

その日々の積み重ねが、
雪だるまのように、複利のように、
気づいたときには、
大きな大きな力に育っているのだと思います。

これは、そろばんでも一緒です。

週1コースと週2コースでは、
2倍ではなく、3・4倍の差が
出ることも少なくありません。

練習頻度は、
ある程度の基礎力をつける上で、
とても重要なポイントだからです。

週1回1時間練習するのなら、
1日10分を毎日継続する方が力はつきます。
手が、指がそろばんを弾く
感覚をつかみ、習得しやすくなります。

また週1コースの場合でも、
自宅で練習する機会を作ることで、
習得速度を早めることが可能です。

実際、週1コースで毎日
自宅練習を欠かさない生徒で、
上級を練習している生徒もいますし、
週2コースの生徒よりも進級が早いことがあります。

加えて、
自宅で子どもが練習する様子を見る、
親御さんがその努力を褒める、
内容に興味を持つ、一緒に解いてみる、競争する…

そうした
子どもに応じた働きかけをしている
ご家庭の生徒は、
習得が早いことは
言うまでもありません。

子どもは親が思っている以上に、
親の関わり方、関心度合いなどを見ているものです。

もちろん、色んな習い事がありますし、
優先順位、ご家庭の方針、仕事の忙しさ等もあり、
思ったように出来ないこともあるかと思います。
(私も育児・仕事をしながらの、
長男の習い事のサポートは、
本当に大変だと痛感しています汗)

無理をするのではなく、
出来る範囲で、出来ることから。

理想の働きかけが100点だとしたら、
30点の働きかけでも良いと思っています。

子どもに応じた、
子どもが楽しく学習できる工夫を
時には頭を悩ませながら、考え・働きかける。
(そうした姿を見せること自体が、
子どもに何かしらの影響を与える場合だってあります。)

こうした積み重ねが、
子どもの成長を後押ししたり、
大人側も子どもに対して見方が変わったり、
新たな発見があったりするのではないかなと、
思っているのです。

nakazawa

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です