「3桁!3桁!」「4桁!!!」…読み上げ算と4つのやる気スイッチ

こんばんは!

みなさん、週末いかがお過ごしですか^^
私はマンションのお友達と自宅でランチ会でした(with息子)

同じフロアということで知り合ったメンバーですが、
趣味や好みが似ていたり、主人がみな関西出身だったりと…
共通点が多く、家族ぐるみで仲良くさせてもらっています◎

さてさて。
今日は再び、【読み上げ算】についてです。

先日、読み上げ算を授業に取り入れ始めた内容を記事に書きましたが(記事はこちら)、

1桁の読み上げ算で苦戦していた生徒も、すぐに読み上げ算に慣れ、すっかり読み上げ算を楽しんでいます◎

まだ2桁までしか習っていない生徒たちが、
「読み上げ算するよ~!」というと、
「先生、3桁!3桁!!」
「4桁もする!!」と元気に主張してくれます!

しかも、その3桁(5口)の問題を正解する生徒も!
3桁は6級の見取り算レベルなんですよ~^^

もちろん口数は6級の見取り算の方が多いですし、
ゆっくりしたスピードでの読み上げ算ではありますが、
それでも今練習している桁数よりも大きいものに挑戦する意欲を嬉しく感じています。

読み上げ算をしながら、改めて【ヨコミネ式4つのやる気スイッチ】を思い出しました。

『ヨコミネ式学習法』ってご存知ですか?
プロゴルファー横峯さくらさんの伯父さまである、横峯吉文さんが始めた学習法になります。
(以前書いた記事はこちらになります。)

その4つのスイッチとは、下記になります。
【1】子どもは競争したがる
【2】子どもは真似したがる
【3】子どもはちょっとだけ難しいことをしたがる
【4】子どもは認められたがる

今回はこのうち【3】子どもはちょっとだけ難しいことをしたがる、を実感した次第です(笑)^^

そろばんは、この4つのやる気スイッチを全て刺激できる習い事だと思っています。
上手にこのスイッチを活していきたいと思っています。

nakazawa

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です