なぜそろばんスキルよりも暗算力?珠算式暗算の効果は計り知れません…!

こんにちは!

週末に台風が過ぎ去り、夏のような気温が戻ってきましたね。
とはいえ、猛暑といったわけではなく、風もあって心地よいです^^

先週末は両親と少し足をのばしてお出かけしてきました。
以前から予定をしていたものだったので、何とか決行できてよかったです(笑)

息子もなかなか会えないおじいちゃん・おばあちゃんに
たくさん遊んでもらって、嬉しそうでした^^

さてさて!

珠算検定が進むにつれ、
暗算検定を受験する生徒も増えてきました!

生徒たちの暗算力を高めたい
そう思っている私としては嬉しい限りです^^

6級の暗算問題です

なぜ暗算力を高めたいのか。

それは学校や受験はもとより、
ちょっとした日常生活での計算、

そして、
社会に出た際にも圧倒的に(意識的・無意識的に)使う頻度が多いからです。

学校で算数の計算が早いことは、算数を好きになる大きな要因となります。
それだけで大きな自信となる子どももいるでしょう。

そして、

そろばん自体がなくても、
“頭の中のそろばん”で計算ができる。

・5桁の足し算だってできるし、
・2桁×3桁のかけ算だってできる。
・分数を少数にすることなんて、朝飯前!

そんな風になってほしいな、と思っています^^

またこの訓練(頭でそろばんをイメージし、計算する)を繰り返すことで、
脳自体を活性化し、脳力アップしていきます。
特に右脳、脳の司令塔である前頭前野への刺激が科学的に証明されています。

珠算式暗算は単なる計算力の向上ではなく、
脳の容量自体を大きくしていきます。

つまり、算数・数学にとどまらず、
他教科などの学びにも影響を与えます。

最初は珠算式暗算に戸惑う生徒もいます。
当たり前です。
初めて行う計算方法ですから。

しかし、ここで得られる計算手法の効果は計り知れません。

少し前にauのCMで流れていたフレーズ…
『学んだことは誰にも奪われない。』
まさにこれだと思っています。

一生懸命に学んだこと、そこで得たスキル・経験が、
その子にとっての一生の力となるように…!

nakazawa

このエントリーをはてなブックマークに追加

1 のコメント

  1. ピンバック: 暗算検定6~4級について|中澤珠算教室 - いしど式そろばん|杉並・中野

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です