第38回そろばんコンクールの結果が発表されました!

こんにちは!

皆さん、3連休いかがお過ごしでしょうか。

私は宮城の実家に帰省予定でしたが、
コロナの関係で、帰省を延期。。。

久々の帰省を楽しみにしていたのですが、
しょうがないですね泣
*

さて、そんな中、
先月2月に開催されました、
第38回そろばんコンクールの結果が出ました!

 

そろばんコンクールとは、(いしど式が加盟する)
全国珠算連盟が主催しているもので、
実力テストとしての位置づけとして、
年2回開催されます。

対象者は、【7級練習以上の生徒全員】。

そろばんコンクールの問題(種目)は、
乗算・除算・見取算・暗算の計4種目です。

ピラミッド式の問題構成となっており、
徐々に桁数が増えていき、
自分の練習級より上の問題に
チャレンジすることができます。

一方で、
練習級よりも下の級レベルの問題もあり、
基礎力の確認
にもなります。

前回よりも高い点数を取得した生徒は、
参加部門クラス(※)がアップしたり、
ジャンプアップ賞を受賞できたりします。

(※初めはDクラスからスタート。
点数によって、次回の参加クラスが
Cクラス⇒Bクラス⇒Aクラス…
そしてTクラスへと上がっていきます!)

全体の参加人数は、
前回(半年前)より600名程増え、8,000名以上!
Bクラス~Dクラスでは、
各クラス2,000名以上が参加しました。

当教室からは計41名が参加。

結果、31名がクラスアップとなりました!

クラスアップの基準は、
下記のように、クラスごとに点数が異なります。

・ランク1⇒次回、1つ上のクラスで参加
・ランク2・3⇒次回、今回と同クラスで参加

なお、
➀クラス別では、TOP50位が、
➁クラス別・学年別では、TOP30位が、
全国珠算連盟のHPに名前が掲載されますが、

➀には4名が、
➁には11名が入賞!

しかも、
Dクラスでは、【見事1位!】を取得する生徒もおりました!

いつも自宅でもコツコツと毎朝練習を行い、
アドバイスを真摯に素直に受け入れ、取り組むことが印象的な生徒です。

親御さんも教室での指導法を尊重してくださり、感謝しております。

今は、珠算3級を練習中!
これからも成長が楽しみです。

そろばんコンクールでは、
絶対評価・相対評価…いずれの指標からも、
生徒の成長を計れるところが良い点だと思っております。

相手と競って、そこで勝ち負けばかりを見ていては、
本来の自分の実力・成長がよく分からなくなってしまう可能性があります。

しかし一方で、ある程度の競争は、
子どもの成長において、とても重要だと感じています。

特に社会に出てからは、絶対評価だけでは生きていけません。

どちらの指標も、両輪のように重要なのです。

今回のコンクールで、
Cクラス・ランク1以上の生徒は、
7月12日(日)に開催される、
【そろばんコンクール決勝大会】への参加が可能
となります。

当教室の次の参加競技大会は、こちらになります。

ぜひまた優勝・入賞目指して頑張っていきましょうね^^!

nakazawa

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です