子どもであっても【自分で決めること】。それが大きく育つきっかけになる!

こんにちは^^

一昨日、10月25日(日)は、
当教室の10月検定日でした。

検定を受けたみんな、お疲れさまでした!

「先生、やってきたよ!」
「昨日練習してみたら、80点だった!」
「(自宅練習で)見取算が70点。ギリギリで不安…」

教室に到着早々、報告してくれる生徒たち^^

練習はウソをつかないですし、
練習を継続することによる
自信・自己肯定感は
自分が思っている以上に大きいもの。

もちろん、
努力が結果に結びついてほしい!!
ですが、

結びつかない場合でも、
それは決して成長していないのではなく、
自分の実力が少しずつ上がっている途中であること。

【関連ブログ】
結果が出ない…何も咲かない日は…
そろばんの学習曲線・停滞時期と、その時必要な働きかけ。

それを忘れずに、
コツコツと、そして
ある程度、淡々と努力を重ねてほしい
と思っています。


そして、
その努力を、
努力と思わないほど習慣化できたら、
それは、
そろばん以上に大きなものを得たこと

だと思っています。

なぜなら、習慣化できるまでの過程には、
・目的意識
・目標設定力
・継続力
・忍耐力
なども必要となるからです。

そしてそれは、
そろばん以外でも応用が利く力だからです。

上記のような非認知的能力は、
将来のよりよい人生・年収等にも
大きく影響すると言われており、
世界でも昨今、注目されるようになりました。

私もそろばんによる計算力・
暗算力はもちろんですが、
成長途中の子ども達だからこそ、
良いものも悪いものも吸収する時期だからこそ…

非認知的能力の醸成も大事にしたいと思っています。


具体的に当教室では授業や検定を通じ、
・挑戦心(やってみること)
・自分で決めること・目標を作ること
・決めたことをやりきること
・継続した努力
・本番と練習の違い
・自分の成長を認めること
・自己肯定感

などを身をもって、
知っていってほしいな、と思っています。


特に【自分で決めること】は、
子どもであれ、大人であれ、
目標に向けたモチベーションに大きく影響する
と思っています。
幸福度にも影響します。

むか~~しむかしの話になりますが(笑)、
私が中学受験した際、
そこの中学で経験できることに
大きな魅力を感じ、
「自分でこの学校に行きたい!」
と強く思ったことが、受験のきっかけでした。

大学受験の時もそうです。

お茶大の雰囲気、学べる内容、得られる資格、
また田舎育ちの私としては、
上京することも魅力で、大きな興味を持ち、
受験勉強の大きなモチベーションとなっていました。
(もちろん途中、勉強が嫌になることもありましたが。。笑)

・自分で決めること
・自分で決めるように選択肢を作ったり、
・言葉がけ・働きがけをすること

それは、
大人の大事な役割の一つかな、
と思っていたりします。

もちろん、
子どもが言っているから…と
楽な方向への安易な決断や
情報不足での選択は違うと思いますので、

決めた先の状況や、
目指す先の課題などは、
大人がしっかり把握・精査した上で、
子どもが決断できる環境を作る、
ハンドリングすることが賢明だと思っています。

それでは^^

nakazawa

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です