子どもたちの将来を考える。学歴よりも〇〇〇〇する人が幸福。

こんにちは!

今日は都内は最高気温が30℃を超えるとか…!

風もそれほどないので、
朝から夏のような体感温度を感じています(笑)

とはいえ、
夏本番の7・8月は、
もっともっと暑いんだろうな^^;

さてさて!

先日、読んでいた、
石田勝紀先生のブログ

子どもたちの将来において、
学歴や学力も、
もちろん大事な一面ではあると思いますが、
【幸福度に影響を与えるファクター】について、
お話していましたので、ご紹介したいと思います。

国連の2018年世界幸福度報告書では、
日本の主観的幸福度は54位と低位にあり、
日本人は主観的に幸福感を持っている割合が低いとされています。

その後、神戸大学で、
「所得、学歴、自己決定、健康、人間関係」の5つが
幸福度にどの程度影響を与えたかという調査がされました。

その結果、
何が最も高いかというよりも、
何が最も関係性が低かったか?という方が重要です。

では、何か一番、幸福度と無関係だったでしょうか?

それは「学歴」だったのです。
つまり、高い順から言えば、
健康、人間関係、自己決定、所得、学歴

健康や人間関係というのは、
言うまでもありませんが、
自己決定が高いことは興味深いです。

これは、「中学から高校」
「高校から大学」「就職」にあたり、
自分で決定したかどうかという点で評価されています。

つまり、これらの進路を自分で決定したか、
親など誰かが決定したかということにより、
その後の幸福度に大きな差が出るということです。

 

【自己決定】は、
大人に限らず、子どもにおいて、
とても重要な幸福度の要素になるんですね。

私も中学受験、大学受験と、
自分でこの学校に行きたい!
ここで〇〇を学びたいと思い、
受験勉強に取り組んだ経験があります。

(とはいえ、中学受験について、
その学校を知る”きっかけ”を
与えてくれたのは親です。)

大人はつい、
子どものことを考えて、
先回りして口出ししまいがちですよね。

自分が良かったこと、
後悔していることなど、
自分の経験をベースに、
子どもにアドバイスをしたり、
選択肢・道を作ってしまいがちです。

しかし、それはあくまで親の人生。

その親の性格、価値観、環境においては、
そうであったという事実です。

特に環境・世界情勢は
私たちが子どもの頃から、
だいぶ変わっていますよね。

今の子どもたちは、
英語・プログラミングが出来ることが当たり前。

将来、求められる仕事も
もちろん今とは異なるでしょうし、

会社に属する生き方を選択する子どもは、
私たちの頃に比べて、割合が減ることでしょう。

・日本の人口動態、
・30年にも渡るデフレや
新興国の台頭等による日本の相対的衰退、
・5G、6Gなどの怒涛の通信革命
・個が力・影響力を持つ時代の到来など…

そもそも日本にいること自体が
子どもにとって得策か、
私たちが経験したことがない世界を
子どもたちは生き抜いていくことになります。

そうした中、
大事なことは知識や情報を活用し、
自分でどう調理するのか。

自分はどうしたいのかを考え、
そのためにどう行動していくのか、
考え・実行する力だと思います。

それはイコール、その都度、
自己決定をしていくことにもなりますよね。

その繰り返しの中でこそ、
人は最も成長するように思います。

そのために親や周りの大人が出来ることは、
【選択肢を与える、提示すること】
【きっかけを作ってあげること】
【経験をさせること】

これに尽きると思います。

その中で、選択するのは子ども。
子どもの人生は紛れもなく、
子どものものでなくてはならない。

そのように思っています。

て、私も一児の親として、
なかなか出来ていない面もありますが…
意識として、常に心に留めておきたい内容です。

それでは^^!

 

nakazawa

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です