伸びる子は、一芸に秀でる。

こんにちは!

関東甲信越が、
とうとう梅雨入りしたようですね。

これから当面ジメジメした
お天気になりそうですが、
自宅時間を充実させたり、
息子との室内遊びを模索したいと思います(笑)

実際、最近の息子くんは、
オジギソウを育てたり、
テントウムシを育てたり、

先月、パパと行った潮干狩りで、
ゲットしたヤドカリやカニを育てることに夢中!

毎日、観察しては、
その様子を興奮気味に話してくれます(笑)。

そうした子どもの姿を見て、
子どもが好きなことを、
親として可能な限り、
尊重・伸ばせる人間でありたいと、
思う次第です。

さてさて。
今日は、今月の教室便りに掲載しています、
【伸びる子は一芸に秀でる】について、
お話したいと思います。

どんな小さなことでも、
自信があることや、
一生懸命に努力した経験がある子は、
その後の人生において積極性があり、
意欲が高い傾向にあります。

それはスポーツでも、
音楽でも、勉強でも、
どのような分野であっても、
自分の強みだと、
“自分自身が”感じられる、
成功体験があればいいのです。

多少苦手なことがあっても、
それを上回る得意を
作ることの方が自信になります。

これまで消極的だった子が変わる時。
何らかの強い成功体験があることが、多々あります。

そろばんを習う生徒の中には、
他の子よりも
「計算が得意/早い」、
「算数の時間は一番に手を挙げられる」
といったことで、自信を持つ生徒もいます。

学校で、かけ算九九を習う前に
かけ算九九がスラスラ言えることで、
自信を持つ生徒も少なくありません。

小さいことでもいいのです。

ちょっと出来る、
ちょっと知っている。

それが更なる、
子どものやる気や好奇心を刺激します。

また、そろばんでは、
検定試験での合格や、
競技大会での活躍の場もあります。

検定での合格、競技大会での入賞が、
大人が思っている以上に、
子どもに自信ややる気、
その後の成長を促します。

一方、特に競技大会などでは、
いつもとは違った雰囲気、緊張感、
レベルの高い生徒との関わりなど…

生徒たちにとって、
インパクトを受ける経験が多く、
「あの時、すごいスピードで解いている子がいた!」
「読上算で16桁を正解している生徒がいた!」
など、

大会からだいぶ時間が経過しても、
最近のように覚えていて、
興奮気味に話す生徒もいます(笑)^^

その様子を見ていて、
入賞ももちろん大事ですし、
指導者として、
入賞してほしい想いもありますが、

自分の考える枠や
その上限を超える存在を知ること、
すごい!と思える人を見つけることでも、
やる気を引き出すことが出来るなぁ、
と、しみじみ感じています。

子どもたちは、本当に素直で柔軟。

「すごいものは、すごい!」
「かっこいいものは、かっこいい!」
と、素直に受け入れ、
伝えてくれる子が多いんです^^

こうした経験、想いが、
努力や目標につながり、
結果、子どもの成長や自信に
つながるケースも多々あります。

コツコツと長い期間をかけ、
「継続することができた」
「苦しい時期もやり続けられた」
といった経験も、一つの自信につながります。

=======
【関連ブログ】
心を強くするのは「●●」。
=======

*
上記のいずれにおいても、
特定の分野に長く関わる、深く関わること。
それがポイントとなります。

特定の分野に深く関わることは、
高い山ほど、すそ野が広いのと同じで、
そこから学ぶ教訓も多いものです。

現代は、子どもの習い事においても選択肢が豊富で、
色々な経験をさせたい、
という思いもあるかと思います。

視野を広げる事、
多くの選択肢を持ち、
得意分野を探す事も大切なことでしょう。

ただし、いつまでも
青い鳥探しのように
打ち込むことがないままでは、
身につけられることに限界があります。

一芸に秀でた何かを持つことは、
「やればできる」という、
自分自身への信頼を育みます。

その自信・信頼は、
その一芸だけにとどまらず、
今後いくつも経験するであろう、
壁や課題に直面した時に、

自分の大きな基盤となって、
自分をより成長させてくれる。
自分の一番のサポーターになってくれる。

私はそう思っています。

nakazawa

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です