いしど式 勉強が楽しくなる7つのほめ方

こんにちは!

今日も暑い1日ですね。
もう梅雨明けかもという天気予報も出ていて、びっくりしています。

ついつい冷たいものばかり食べたり飲んだりしたくなりますが、
体調管理に気をつけたいと思います…!

さてさて。
今日は来月のお便りにも少しだけ記載している、
「いしど式 勉強が楽しくなる7つのほめ方」についてご紹介したいと思います。

頭では分かっていても、ついつい出来ていないところを注意したり、
他のことを考えながら、「そっか!よかったね~」「上手だね~」など褒めてしまったり…そんな経験ありませんか。

いしど式まとめサイトでは、勉強が楽しくなるいしど式7つのほめ方をご紹介しています。

その7つとは…

1.嬉しいほめられポイントを見抜く
2.驚く
3.出来たところに着目する
4.うわべだけでほめない
5.他人と比較してほめない
6.大げさに褒める
7.失敗したときは努力と挑戦、行動力をほめる

どれも大切なことで、私も意識して生徒たちに接しているものになりますが、

このうち、私が特に気をつけていることは、
【出来たところに着目する】【他人と比較して注意・叱らない】そして【失敗したときは努力と挑戦、行動力をほめる】ということです。

ついつい出来ないところを出来るようにしたくなるものですが、
子どもはとっても素直。
出来たところを認められると、また頑張ろう!次もやりたい!!という気持ちが沸き起こります。
今日はここまでと決めていたのに、それ以上今日やる!と自分で目標を高める生徒もいます。
(生徒自身が出来た!頑張った!と感じられような授業の終わり方もまた大事にしています。)

また他人との比較について。
もちろん、人よりできることは嬉しいことでありますし、
他の生徒より進んでいるとき、一生懸命頑張っているとき、そうした褒め方をすることもありますが、

注意したいとき・叱るときに、他人と比較することは、子どものやる気を一気に阻害してしまいます。

ただでさえ、子どもは競争が大好きです。
こちらが何も言っていなくても「●●くんはどこまで進んだの?」「〇〇ちゃん、もうこのページ終わった??」と気になって気になってしょうがありません。

その競争したい気持ち、気になる気持ちをプラスに働かせるよう、
注意するとき・叱るときではなく、
更に頑張ってほしいとき、もうひと踏ん張りときにうまく刺激するよう意識しています。

もちろん一番大事なことは、「自分自身がどれだけ成長したか、できなかったことができるようになったか」ですので、生徒の性格や特徴を意識しつつ、上手に指導・サポートしていきたいと思っています。

なお、「失敗したときは努力と挑戦、行動力をほめる」については、
級が進むにつれ、不合格してしまうことが出てきたときに、とても重要になってくる内容だと思っています。

不合格となったとき。
やる気が一気に下がってしまったり、自分なんて…と卑下してしまう子も出てくるかもしれません。

しかし、
・試験に挑戦すること
・挑戦するために努力を行ったこと
は、とてもすばらしいことですし、

そこから、
・どう今後挽回していくか、挽回する気にさせるか
は、更に重要なことであります。

そうしたことを指導者として、言葉で態度で伝えていく必要があると思っています。

いしど式まとめサイトはどなたでもご覧頂くことが可能です。
(サイトはこちらです。)

興味深い内容も多く、
私も教育者として、親として、勉強になることもあるので、楽しく読んでいます^^

よかったら覗いてみてくださいね!

nakazawa

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です