「試験、緊張するー!」ぐらいが、成長かも^^?

こんにちは!

6月も最終日ですね。
一昨日は、当教室の検定試験でした。

検定試験を受けたみんな、お疲れ様でした!!

今月より
コロナの関係で、
日曜日に検定日を変更しており、

いつもと違う日程で、
戸惑うこともあったかもしれませんが、

検定試験のみを行うので、
集中しやすい環境であったり、
いい意味で緊張感があったりしたのではないかと思います^^

さて、そんな中、
「うーー検定緊張する!」
「検定、やだなぁ」と、
緊張している様子が、
ひしひしと伝わってくる場面もありました。

特に、
何度かそろばんの検定にチャレンジしていたり、
塾などの試験を経験していたりする生徒の方が、
緊張を感じているように思いました。

おそらく、
検定を受けるということを繰り返す中で、
・練習と本番(検定)は違うということ
・本番でいつもの力を出すこと、出し切ることが難しいということ
を経験として、分かっているのだと思います。

こうした【緊張感】

「できることなら、緊張しない方がいい!」
と思う方もいるかもしれませんが、

個人的には、
緊張しない方が難しいと思っており、

子どもの頃だけではなく、
大人になってからも
試験やプレゼン前など、

・「受かりたい」と思えば思うほど
・「勝ちたい」と願えば願うほど
・「成功させたい」と思えば思うほど…

やっぱり緊張するものだと思うのです。

そうした中で、大事なことは、
【緊張しない】ことではなく、
【その緊張をどうコントロールするか】です。

前職でのお話になりますが、
当時、とても尊敬する上司がいました。

もう会社では、
だいぶお偉い方になっておりますが、

上からも下からも慕われている方で、
質問に対する答えも、いつも明快でスマート。

それでいて親しみもある方でした。

当時、新入社員の私たちに
貴重な時間を割いて、
マーケティングや戦略などについて、
分かりやすく教えてくださった方です。

課題を与えられ、
次の集まりの際に自身の見解を発表、
といったことをしていたのですが、
当時、マーケティングのマの字も曖昧な私。

発表の際は、
とても自信もなければ、緊張もする状況でした。

そんなとき。
その上司に聞いたことがあります。

「●●さんは、緊張することあるんですか?」
「どうやって自信をつけるのですか?」
と。

その時、その方は、
下記のような主旨の回答をされました。

「圧倒的なレベルまで、
その内容を調べる、把握する。
『これだけ知っている人はいない』
と思えるほどになったら、
自信は自ずとついてくるよ」
と。

また、会社の重要な数値、
頭にインプットしておくべき
(インプットしておきたい)定量情報は、
手帳に常に書いているとも。

そろばんで言えば、理想は
「これだけ練習したのだから、大丈夫」
と、”自分で”思えるほど、
練習・努力をすることなのだと思います。

(もちろん人によって、
ベストな方法は異なると思いますが、)

これが、
直接的で最も効果的な緊張感のコントロール方法
だと、私は思っています。

とはいえ、
そこまでなかなかストイックに出来ないこともありますよね(笑)。

間接的には、
・早めに会場について、場(環境)に慣れる
・本番前に指慣らしをする
・本番後、受かった自分を想像する

なんてことも
一つのコントロール法だと思います。

(特に人が集まる会場の場合には、
早めに会場につき、場に慣れることは
大事なことのように思います。)

・【練習】と【本番】の違いを知ること
・緊張することは当たり前と思うこと
・その上でどうやって【緊張】をコントロールするか、
自分にとっての緊張とのベストな付き合い方を知ること…

こうしたことを、
そろばんでは、定期的な試験や競技大会を通じ、
身をもって経験することができます。

その経験が、今後、
そろばんにとどまらず、
そろばん以外での試験や受験、
社会に出てからも重要な糧になると思っています。

nakazawa

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です