暗算1級。4桁まとめて暗算する?分割する??

こんにちは!

先日の日曜日は、
当教室の検定日でした。

検定を受けたみんな、お疲れさまでした!

「うー、緊張するー!!!」
「見取算やだー!」

なんて、言いながら、
頑張っていた生徒たち(笑)。

特に級があがるにつれ、
合格の難しさを知ったり、
【練習】と【本番】の違いが分かってきて、
緊張感が増すように感じています。

【練習】と【本番】は全く違うものであること。

本番で、いかに緊張感をマネジメントして、
結果に結びつけることができるか。

そうしたことも、
検定や競技大会という場を通じ、
生徒たちが学んでくれていたら嬉しいです。

さてさて。

今日は、【暗算1級の見取暗算の計算】について。
お話したいと思います。

暗算1級というと、
(全国珠算連盟のレベルですと、)

・かけ算(2桁×3桁…珠算6級レベル):20問
・わり算(5桁÷3桁…珠算5級レベル):20問
・見取暗算(2~4桁10口):10問

各種目3分で、合格ラインは80点です。

つまり、合格するためには、
・かけ暗算・わり暗算は16問以上、
・見取暗算は8問以上、
正解する必要があります。

2桁×3桁の問題を3分で20問で解くということは、
1問あたり平均で9秒以内で解いていく必要があります。

(実際は書く時間も含めますので、
計算自体は6~7秒以内、
といったところでしょうか。)

大人でもハイレベルですよね!

もちろん、
カンマを忘れてたら不正解。
カンマを書く位置を誤っても不正解。

厳しい基準となっています。

さて。

暗算1級でも、
一番のネックとなるのは
【見取暗算】です。

暗算1級の練習問題です(全国連)

特に上級になればなるほど、
珠算では【見取算】(と【伝票算】)が
暗算では【見取暗算】が、

合否に大きな影響を与えます。

いずれも口数が多く、
かけ算やわり算の何倍もの、
集中力を要します。

限られた時間の中、
かなりのスピードで計算していきますので、
引っ掛けて珠をずらしてしまうことも、
桁を誤ってしまうこともあります。

焦って、1口飛ばしてしまったり、
引くところを足してしまうことも。
*

【スピード】と【正確性】を両立するって、
大人でも大変なことですよね。

「時間がない!」と思うと、
外出後に忘れ物に気づいたり、

「もう〆切だよ!急いで!!」
なんて言われたら、
ミスを修正できなかったり。

大人でもあるあるだと思います。

経験が少ない、子どもなら尚更です。

さて。そんな、
みんなの壁になりがちな!?の、
見取算、見取暗算ですが、

暗算1級の見取暗算では、
基本的には4桁まとめてではなく、
3桁区切りで暗算するよう、指導しています。

4桁まとめて、
暗算する方が早いですし、
加減算(引き算がふくまれるもの)の場合、
千の位から1借りてくることを
面倒に感じる生徒もいますが、

4桁まとめて計算した場合、
往々に発生することが、
早いけれど、間違う。
というもの。

答えが5桁になりますので、
頭で5桁のそろばんを
鮮明にイメージする必要があるのですが、

そうすると、
1万の位や1,10の位で間違いが増えたり、

注意する桁が増えるため、
200だっけ?300だっけ??となりがち。
(イメージするそろばんの珠を
鮮明に記憶しておくことが難しいのだと思います。)

もちろん、
暗算が抜群に秀でて得意!

2級までの3桁同様、
4桁でも問題なく解ける!
という生徒も
稀にいるかと思いますし、

そうした場合には、
子どもの能力や適性、性格などに
合わせて柔軟に指導すべきと思います。

ただ、多くの場合、
これから段位暗算となり、
5桁6桁…10桁などの
計算をするときも基本、
3桁区切りで計算を行っていきます。

私も10桁などの見取算を
基本的に3桁区切りで計算しています。

場合によって、
最後の7~10桁を4桁まとめて
計算することもありますが、

これは3桁区切りの計算の
正解率が高まってからでも
遅くないと思っています。

【スピード】と【正確性】のバランスを取る。

そのバランスを取りやすい計算を
考えなくてはならないと思っています。

それが、
そろばんの難しさであり、
そろばんだからこそ培える
社会でも通用するスキルです。

とはいえ、
私もまだ指導者としては若輩者。

昨日もいしど直営の先生に、
上級指導について、
アドバイスを頂いたりしていました^^

生徒たちが成長する上で、
使える情報、ツールはフル活用したい。

そんなことも思いつつ、
日々、生徒と向き合っています(笑)

それでは、
今週も頑張りましょう♪

nakazawa

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です