第6回 京浜カップがオンラインで開催されます♪

こんにちは!

昨日今日と寒い日が続いていますね。
外に出るのも(気持ちの面で)一苦労です(笑)。

明日からは、徐々に暖かくなるとのこと。

東北出身なのに、寒いのが苦手な私としては、
早く春になってほしいものです^^;

さてさて。

今週よりご案内を開始していますが、
3月7日(日)に、
第6回京浜カップ オンライン大会】
が開催されます!

対象者は、【珠算7級合格以上】となります。

昨年の第5回京浜カップは、
コロナの影響で、残念ながら、
中止となってしまいましたが、

今年は、
オンラインで教室間をつなぎ、開催を予定しています。

当教室としては、初のオンライン競技大会への参加!

予定どおり運営ができるか、
問題点がでないかなど、
多少の不安はありますが、

生徒の挑戦できる場を提供できること、
その状況を生徒たちと一緒に楽しめたら…

と思っています。

もちろん、コロナが終息したら、
今までのような大きい会場での競技大会も参加したい!!

と思っていますが、
(競技中は、見ている大人側でさえ、
緊張してくるほどです(笑))

オンライン大会でも、
・他教室の生徒に刺激を受けたり、
・大会ならではの緊張感を味わったり、
・大会までの練習の中で成長を遂げてくれたら…
と思っています。

私も当時のそろばん生活を振り返ってみた時、
一番印象に残っているのは、なんといっても競技大会!

競技大会ならではの緊張感、
会場の貼りつめた雰囲気、
仲間との練習・切磋琢磨・結束力など…

たくさんのことを吸収しましたし、
当時の緊張感は今でも覚えているくらいです。

いつもの練習や検定とは違って、
競技大会は相対評価となります。

検定試験では個の実力が
合否を分ける絶対評価ですが、
競技大会は相手の実力によって、
優勝や順位が決まる相対評価です。

私はいずれの評価基準も大事だと思っており、
そうした面でも、
そろばんは絶対評価と相対評価、
いずれも出来るところが魅力の一つでもあります。

加えて、子どもは【競争したがるもの】
【ちょっと難しいものにチャレンジしたがるもの】
です。


【関連ブログ】
そろばんを教えながら思い出した【ヨコミネ式4つのやる気スイッチ】

その子どもの本能(笑)?に、
競技大会はマッチしているのかもしれません^^

競技大会までの練習を通じ、
・教室の生徒たちが仲間意識を持ったり、
・年下の生徒は目標の存在を見つけて努力したり、
・年上の生徒は年下の追いかけてくる存在を意識し、更に上を目指したり
してくれたらとも思っています。

また、大会では、
競技はもとよりアトラクションも
最後に予定しています。

お楽しみにしていてね^^
それでは♪

nakazawa

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です