見取算…桁不揃いは、実はとっても難しいのです。

こんにちは!

今週もあっという間に1週間が終わろうとしています(笑)。

まだまだ暑い日が続いていますが、
9月も中旬となり、
もう年末も意識し始めそうな時期ですね。

去年の今頃は、
まさかコロナで、
このような状況・環境になるなんて、
誰もが予想していなかったと思います。

いつ何が起きるか、分からないものです。

出来ることは出来るうちに。
そうした意識で常にいたいなぁと思います。

さてさて!

今日は、【見取算の桁揃い/桁不揃い】について。
お話したいと思います。

見取算の桁数や、
桁揃い/桁不揃いについては、
連盟によって大きく異なります。

珠算1級と一言で言っても、
例えば、現在の日本珠算連盟の1級はこちら☟
HPに模擬問題が掲載されています。

そして、当教室が所属する、
全国珠算連盟の珠算1級はこちらです。

全国珠算連盟の1級は、
以前の日本珠算連盟の難易度と同レベルとなります。

(子どもの頃、日本珠算連盟で、
昔のレベルで1級や段位を取得した身としては、
難易度が下がったことは、
個人的にはとても残念ではありますが、
教育ニーズや合格率、各種目の難易度の差等から、
見取算の難易度を下げたのではないかな?と思ったりします。)

珠算1級といっても、
連盟によって、桁数も口数もこれほど異なります。

限られた制限時間の中、
難易度をあげている理由の一つが、
【見取算の桁不揃い】。

口数の多さも
もちろん間違いやすさに影響しますが、
実は桁不揃いも、ミスをまねきやすい要素です。

同じ桁と分かっていたら、
常にそろばんに入れる場所が同じのため、
それほど数字の把握に時間を要しませんし、
心理的なハードルが下がります。

しかし、
5~10桁にもなると、
次が何桁で、
そろばんのどの部分から入れるのか。

瞬時に判断し、
淀みなくそろばんを動かし続けることが
実は結構難しかったりします。

・桁を間違って入れてしまう。
・間違ったことに気づいたけれど、
正しく修正できずに不正解となる。

こういった不正解も少なくありません。

そろばんは、
【スピード】と【正確性】を両立が必要なもの。

上級になればなるほど、
その両立が非常に難しくなり、
焦り・緊張感とともに、
間違い・ケアレスミスが増えます。

手や腕、そろばんを下にずらす過程で、
そろばんの珠を少しずらしてしまっても、
(引っ掛けてしまっても)
気づかずに、次々置いてしまうことも増えていきます。
(正しく戻せないことも増えます。)

「なんでこんなに間違うの?」
と思う方もいらっしゃると思います。

「何度も練習しているのに…」
とため息が出ることもあるかもしれません。

しかし、例えば、
「5~10桁の数字を15回、電卓で打って答えを出してね。
引き算もあるよ、マイナスになることもあるよ」

「電卓が当たっていても、書いた答えに
コンマがなかったり、0が漏れていたら間違いだよ!」

「制限時間は、答えを書く時間も含めて10分!

全部で10問!1問じゃないよ、ちゃんと10問解いてね!
8問以上は当たらないとだめだよ!

と言われたら、
2・3問ならまだしも、10問となると、
大人もなかなか大変かと思います(笑)。

しかも、実際は、
一度正しく数字を打ったら間違わない電卓より、
例え、正しく置いたとしても、
少し触ったら、珠が動いてしまう
そろばんの方が、より神経を使います。

【スピード】と【正確性】を両立することは、
大人でも大変なことです。

だからこそ、
貴重なスキルだなって思うのです。

(加えて、特に見取算は、
想像以上に【集中力】も必要とします。

少し気を抜いたら、
どこを置いていたか、
そろばんの数字がズレていないか、
分からなくなります。)

正しく瞬時に桁を把握する上で、
・カンマで区切って数字を読む・そろばんに置く
・最初の桁の位置を特に意識してそろばんに置く
・ゆっくりでもいいので、同じスピードで弾く練習をする
といったことが効果的かと思います。

読上算なども、
桁とそろばんの位置を
瞬時に把握する上で、おススメです。

また、大きな桁を常に見る(=練習する)ことが
桁に慣れる最大の秘訣であることは、言うまでもありません。

(子どもの場合、日常的に10桁などの桁に
触れることが少ないので、なおさらです。)

一緒に頑張りましょうね!
それでは^^

nakazawa

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です