珠算式暗算で使用する右脳。その記憶力は左脳の●●倍!?

こんばんは!

金曜日の夜。
皆さん、いかがお過ごしですか。

私はマンションのママ友と偶然遭遇!
急遽一緒に夕食を食べることに^^
なかなか飲みにいったり出来ない分、こうした時間がリフレッシュになります笑

さて。

昨日は【珠算式暗算】について、普通の計算(【算数式暗算】)との違いについて書きました(昨日の記事はこちら)。

今日も昨日に続き、【珠算式暗算】と【算数式暗算】の違いについて。

それは、
【珠算式暗算】では右脳を、【算数式暗算】では左脳を使うという点です。

言語中枢が存在している左脳は、日常生活ではもちろんのこと、学校の授業でも活発に使用しています。
そこに右脳を使う『珠算式暗算』を取り入れることで、左右の脳をバランスよく使うことができるのです。

そしてもう一つお伝えしたいこと…!

皆さん,
この右脳の記憶力…左脳の何倍かご存知ですか?

実は…
なんと…

その差、数千倍以上ともいわれているのです!

右脳では膨大な量の情報を高速で処理することができ、
さらに一度インプットされた情報は消えずに残ると言われています

そんな魅力的な笑?右脳を鍛える珠算式暗算。

ぜひ試してみませんか♪

このエントリーをはてなブックマークに追加

3 のコメント

  1. ピンバック: 比較されやすい「そろばん」と「公文」。それぞれの良さについて | 中澤珠算教室

  2. ピンバック: 珠算式暗算と筆算式暗算。どちらの暗算をしているのか見分けるポイントとは?|中澤珠算教室 - いしど式そろばん|杉並・中野

  3. ピンバック: そろばんが「数字に強くなる」最適な手段のワケ。|中澤珠算教室 - いしど式そろばん|杉並・中野

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です